もしあなたが1年以上英会話を勉強しているにも関わらず
「聞き取れない」「しゃべれない」としたら、
大きな遠回りをしている可能性があります。



もしあなたがこれらのことに心当たりがあるとしたら
5分だけお時間をください。

これからあなたにムダな遠回りをすることなく、
最短で英会話ができる順番とノウハウを無料でお伝えします。
今日はあなたが古い英会話勉強法から脱却する転機になるかもしれません。

はやる気持ちをおさえ、最後までじっくりとお読みください。





全くの初心者が、わずか30日でここまで変化したのです。


はじめまして。
モダン・イングリッシュ・アカデミー代表の並木健太郎と申します。
6歳より演劇を始める。
17歳で単身渡米。日本人が全くいない地域で1年間過ごす。
アメリカで英語と演劇を学ぶ。
22歳よりマーロン・ブロンド、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ等
アカデミー賞俳優を多数輩出したニューヨーク・アクターズスタジオの正会員に師事。
4年間本場の演技メソッドを学ぶ。
その後演技スクール、海外ビジネス、英語教育事業など多数展開。
自身がプロデュースした英会話教材は楽天で3か月間1位を達成。
日本人が英会話を最速で身に付ける方法を日々研究し、脳神経学、音声学、
演技メソッドを融合させたノウハウを確立。
これまで3000人以上の受講生に英会話の習得法を伝授。
日本と海外のビジネスの橋渡しや、精力的にセミナー開催や英会話クラスの
プロデュースを行っている。
2014年にプロデュースした英会話教材は、フィリピン政府認定の高等語学学校の
正式教材として採用された。
私は都内で「モダン・イングリッシュ・アカデミー」という
英語劇をつかって英語を覚える【体感型英会話スクール】を運営しています。



この体を使って覚えるという方法は
従来の勉強スタイルとは比べ物にならないくらい早く上達しています。

私が、なぜあなたにこの手紙を書いているかというと、
「これ以上、英会話の練習に無駄な時間と労力をかけてほしくない」からです。

私はこれまで、何年も英語を勉強してきたのに
ぜんぜんしゃべれるようになっていない、
と諦め半分の生徒さんを何人も見てきました。

頑張っているのはわかりますが、
やり方と順番が違っているから成果が出ていないのです。

私は、そういった人たちをなんとか解決してあげたいというミッションから
この手紙を書いています。

やみくもに英語を勉強するのではなく
「英語を話す」というゴールから逆算して
必要なことを積み上げていけば、誰でも英語はしゃべれるようになります。

それについてじっくりとお伝えしますので、
最後までご覧ください。
私は今でこそ、日本人が最速で英会話力を身につける方法を発見し、
その方法を多くの生徒さんに教え、短期間での英会話上達を実現してはいますが、
私の英会話スタートは散々なものでした・・・
私が英会話にふれはじめたのは、高校二年生の終わり。
それまで学校の英語のテストは赤点ギリギリ
決して英語が得意とはいえませんでした。

そんな私が英会話にふれるようになったのは、
アメリカへの留学プログラムにひょんなきっかけで参加したからです。
日本人が全くいないアメリカの地域で一年間過ごす。
現地の家にホームステイをし、地元の高校に通う。
英語能力も最低レベルだった私には、あまりにも無謀な挑戦でした。



当時は、そんな夢みたいなことを信じこみ、
アメリカにいくまでほとんど勉強しませんでした。

「行けばなんとかなるだろう。同じ人間なんだし」
それが口癖でした。

私が行ったのはアメリカのオクラホマ州。
ホームステイ先は、プールとトランポリンがある、かなり裕福な家庭でした。
意気揚々とアメリカ生活がはじまりました。



ところが……
英語がよくわからない。
カタコト程度はしゃべれはするけど、会話にならない。
それが一カ月たっても変わらない。

「あれ?アメリカに来れば英語がペラペラになると思っていたけど全然そんなことない」

・英語がききとれない
・単語がわからない
・言いたいことが英語で言えない
・言いたいことが伝えらえられず誤解される
・コミュニケーション能力のない日本人だと思われる
・あわてて英語の参考書をとりだして勉強をはじめたけど、効果がない


私は、アメリカで大きな挫折を味わいました。
私はそれからあせって受験勉強をするかのように、
一日一時間以上英語の勉強をすることにしました。

単語帳を取り出して、ブツブツ言いながら、
何度もその単語を紙に書いて覚えようとしたのです。
1日50個を覚えようとしました。

ただ、それから一週間、三週間、一か月半と経ちましたが、
一向に英語力は変わらない。

それどころか、悲しい出来事があったのです。

私はネイティブの友達との会話の中で伝えたい単語がありました。
勉強して覚えた単語です。スペルも意味もわかる。

それを英語で伝えると「What did you say?(なんて言ったの?)」とか
What?(なんだって?)」と訊かれる。

何度言っても「What?」と訊かれる。

そして相手は私の英語が聞き取れないので
Ok. Never mind. (わかった。気にしないで)」
といって別の話題に移ってしまいました。

せっかく覚えたのに、伝わらない・・・

そうです。
私は単語力が大事だと思って日本の学校英語の延長線上で勉強しましたが、
それはまったく実践で使えなかったのです。

結局、発音が悪く通じなかったのです。

それからというもの、単語や言い回しはわかっているのに、
発音が悪くて通じないということが多々ありました。
日本語訛りのカタカナ英語ではネイティブに伝わっていかないのです。
よく「英会話のためには、英語のシャワーを浴び続けること」と言われます。
英語のシャワーを浴びていれば、耳が慣れてくると。

だから「聞き流すだけ」の英語教材は売れていますね。
では実際、私がアメリカで英語のシャワーを浴びてどうなったか?

一日24時間英語のシャワーを浴び続けて、
約3か月で何となく聞き取れるようになってきました。

そして10か月くらいで、細かい部分まで聞けるようになりました。
私の先輩や同期の人たちも同じように言っています。

つまり「英語の聞き流し」だけで英語耳になろうと思ったら、
それくらいの時間が必要なのです。

ただし、聞けることと、話せることは別物です。

・聞けるけど話せない。
・話しても発音が悪くて通じない。
・通じないから誤解される。

という悪循環に私は陥っていました。

「こんなはずじゃなかった……」
「アメリカに来れば自動的に英語がペラペラになれるはず」

幻想を抱いていた私は、大きな挫折感を味わいました。
そんな私の転機になったのは、アメリカでの舞台出演。映画制作でした。
私はアメリカで二本ほど演劇の舞台に立ちました。
そしてこの時をきっかけに、英語の語彙がふえ、発音も変わっていったのです。
ただその時は、何がよかったのか自分でもよくわかりませんでした。

私は正直、不完全燃焼で、日本に帰国しました。
ただやっぱり、アメリカに一年いたにも関わらず、
自分が最初イメージしていた英語ペラペラには程遠かったことが
残念でしかたありませんでした。

「同じ人間なんだから、なんとかネイティブ並みに話せる方法はないか?」

それから、いろいろな英語教材を買いあさり、
勉強しようとしましたが、やればやるほど過去の悪夢がぶりかえします。

「単語や意味はわかる。でも発音すると『What?』と聞き返される」
そしてせっかく慣れてきた「英語耳」もどんどん元に戻ってきてしまいました。

そんな時にある英会話教育者の方を紹介されました。
その方は世界中の語学習得法を研究し、
さらに、日本人の発音の習性を理解した上で、
独自の英会話上達法を確立された方でした。

そして、その先生の言うとおりにしてみると、
1か月半でリスニングが劇的に向上。

アメリカに一年間行っていても聞き取れなかった部分なども、
その方法を使うと聞こえてくるようになるのです。

何が起こったのか最初はよくわかりませんでした。
ここに大きなヒントに気づくことが出来ました。
ただしその先生の生徒さん達の中では、あまり上達していない人も多くいました。
理論は良いのですが、全員にあてはまる方法ではなかったのです。

何が違うのか、誰でもが平等に上達する方法はないのか?

わたしは、そこで教わったヒントをもとに、あらゆる文献を調べ始めました。
音声学、脳神経学、海外での外国人向け語学教授メソッド、
さらにはアメリカの演技メソッドまで。

そして、しかるべきゴールを明確にして、やるべきことだけをやっていく、
「英会話習得のゴールデンルール」に行きつきました。
私はこの方法が、本当に他の人にも効果を発揮するのかが心配だったので、
数人のモニターさんに30日間協力してもらうことにしました。

どなたも英会話初心者です。
30日後の結果は先ほどの映像の通りです。
初心者であっても
この通りにやれば着実に英会話が上達するという方法を発見したのです。
これは初心者だけに有効なのかというと、そうではありませんでした。
6年間某大手英会話教室に通い続けていたという中級者の方に
試してもらったところ、大きな変化がありました。

「リスニングが良くなった」
「発音が抜群によくなった」
「自然と英語で反応できるようになった」
「カタカナ英語の発音が治った」


と驚きの感想をいただいたのです。

今まで、聞くだけで英語ができるというようなフレーズを信じて
英会話を学習してきましたが、それが本当に正しいのかどうか悩んでいました。

他の教材では、音の違いなどを聞き分ける訓練がなかったので、
何度も聞いていれば、いつか聞き取れるようになるとおもっていましたが、
結局はあまり成果を上げることができませんでした。

しかし、このメソッドのおかげで実際の英会話を使う場面ですぐにフレーズが
口から飛び出してきたのです。

このメソッドでは、英語のリズムに乗ってフレーズを繰り返し練習することにより、
体で覚えることができたと思います。

この方法に出会わなかったら、今でもひたすら聞き流すだけの英会話習得法を続けて、
無駄な時間を過ごしていたと思います。

実際の現場で英会話を使う必要がある人は是非お勧めしたい方法だと思います。

では、いったい私は何をしたのか?
気になる方もいるでしょうが、全く合理的に考えただけなのです。

つまり、闇雲に英語を「勉強」するのではなく、
「順番」に注目し、「必要なこと」だけを「練習」していく。

つまり「勉強」ではなく「練習」をしてもらったのです。

ゴールから逆算して、「やるべきこと」を算出する。
多くの人が闇雲に英語を勉強しているにもかかわらず、
なかなかしゃべれるようにならないのは、「ゴールがあいまい」か
「ゴールを設定せず見切り発車」しているからなのです。

英会話のゴールとはなんでしょう?

それは「英語脳」をつくることです。

英語で聞いたものを英語のまま理解、イメージできて、
英語で返せる反射運動ができる脳を手に入れることです。
つまり、ここにいきつくために必要なことを一つ一つ積み上げていけば良いのです。
あなたの最終ゴールから考えてやるべきことを割り出してみましょう。
これを下から順にやっていくのです。

これを見ると、闇雲に英語のCDを聞き流したり、
いきなりフレーズから入ったり、単語や文法をひたすらやることが
遠回りだということがおわかりいただけるはずです。
この方法を使うと、時間と労力をかけて
「聞き流し」をしていく必要はなくなっていきます。

というのもこのゴールデンルール通りにやっていけば、
自動的にリスニング力は向上するからです。
これをご覧になっているあなたも、
「英会話は、まずはリスニングだ」と思って
ひたすら英語の聞き流しをしているかもしれません。

でも、こんな経験はありませんか。



英語耳になってくると、ネイティブの単語一つ一つ、
sがついているかついていないか、前置詞にいたるまで認識できるようになりますが、
そこまでいっていない人は、もやもやした感じで英語が聞こえてきます。

これはなぜかを説明しましょう。
それは日本語と英語の3つの大きな違いがあるからです。

言語の音は「国際発音記号」というもので表されます。
英語の辞書を見ると、単語のスペルの横に書かれている、アルファベットのような記号です。
この音素の数は日本語と英語では違います。
日本語は24、英語は51。※学者によっては41~45という人も。
つまり英語には日本語にない音がたくさん存在しているのです。
この違いが、音の認識を困難にしています。


有声音というのは声を出したときに声帯が振動する音です。
無声音というのは声を出した時に声帯が振動しない音です。
分かりやすく言うと「ひそひそ話」の時の音です。
日本語は有声音のみですが、英語には有声音と無声音が存在します。
これがわからないと発音やリスニングは上達していきません。


英会話上達の上で、体に注目している人はあまりいないと思います。
日本語と英語は声の出し方、体の使い方が全然違うのです。
日本語と英語は発音以前にこんなにも違いがあります。


日本語 英語
・喉元発声
・顎を固めて発音
・空気の量はあまり使わない
・口元でボソボソでも通じる
・体のリラックスは不要
・腹式発声
・顎を緩めて発音
・空気をたくさん使う
・口をよく動かす
・体のリラックスが必要
つまり、日本語耳、日本語口にこりかたまってしまった日本人にとって、
英語の音を耳にした時に聞き取れなかったり、発音がうまくできないのは、当たり前なのです。
英語のリスニングがうまくできない人は、
その英語が「迷惑メールフォルダ」に入ってしまっている可能性があります。
つまり、本当は大事な音なのに、脳が勝手にふりわけて
英語の音の一部を雑音として認識してしまっているのです。

どういうことかというと、音も言語も全て耳から入っていきます。
その情報は、まず脳の聴覚野という部分を通ります。
この時に言語とそれ以外を振り分けます。

言語の音と認識したものは「言語野」へ、
音と認識したものはそのまま音として処理されます。



つまり、日本人が英語を聞いた時に雑音が混じったように聞こえたり、
もやもやと聞こえてしまう理由はここにあったのです。

ということは、
【本当は大事なメールなのに、
なぜか迷惑メールフォルダに振り分けられてしまっている】
状態なのです。

リスニングを強化したいなら、
「この音は迷惑メールではない!」
と脳に認識させる必要があるのです。
全く無いとはいえません。
私もアメリカで10ヶ月以上、四六時中
英語のシャワーを浴びて聞き慣れていきました。

ただこれを日本にいながら、聞き流しだけで慣れていこうとすると、
ものすごい膨大な時間と労力と意志の力が必要になります。

あなたは半年も1年も雑音認識の音を聞き続けられる忍耐力はありますか?

聞き流して無理やり英語に慣れさせるという方法もありますが、
もっと簡単で労力の少ない方法があります。

英語をしゃべるというゴールを考えた場合、
より短い時間と労力でリスニングを達成した方が良いに決まっています。
ではどうするのか?


日本語にはない英語独特の音素を「発音」できるようにすれば良い!

つまり



ということなのです。

「なるほど、わかりました。じゃあ発音の練習からすれば良いんですね!」

答えはNoです。

「ええ?発音を練習すれば良いって言ったじゃん!」

この発音の重要性に気づいて、
発音教材というものは世の中にはたくさん出ています。

でも、そういった教材をやっているにも関わらず、
発音が良くなっていない人もたくさんいるのも事実です。

そして、発音がよくならないから、
リスニングも向上しないという悪循環を起こしています。
そういう人を私はたくさん見てきました。

実は、その前にやるべきことがあるのです。
それは「リラックス」「発声」です。

つまり英語発音を練習しているにも関わらず自分の発音が英語らしく聞えないで、
平べったいベチャっとした発音になってしまう人は、
この部分を意識していないからなのです。
あなたが本当にリスニング力を向上させ、発音、
さらには英語の会話がしっかりとできるようになりたいなら、
英語を話すための「体作り」が必要不可欠です。

全てのスポーツ、習い事はそうですが、
最初に基礎の体作りがあり、
その後に基礎練習、応用練習、実践練習、と続いていきます。

英語もこれと同じなのです。

「すぐにでもかっこよく英語をペラペラに話せるようになりたい」
と思う方もいるでしょう。

いきなり「英文フレーズを覚える」練習から
入ろうとする人もいるかもしれません。

いきなりネイティブの英語のマネをして
上達させようとする人もいるかもしれませんが、
英語の体作りや発音をしっかりやらないでかっこいい部分だけやろうとしても、
変なクセのあるかっこわるい英語になってしまいます。

これは基礎がないうえで応用練習をするようなものです。

「ゴールから逆算してやるべきことを順番にこなしていく」のが、
実は最重要で遠回りをしない最短の方法なのです。

そして、発音、発声の後に英文フレーズの数を増やしていくから
英会話が上達していくのです。

現に、私がアメリカで英語力が伸びた背景に
「舞台出演」や「映画製作」が大きな役に立ったのはその部分だったのです。
演技は、体作り、発声、発音、表現、フレーズをすべて行うからです。
英会話を学校英語の延長線上で
「勉強」
と捉えている人もいるかもしれませんが、
これは「練習」です。

反復練習をして身につける反射運動なのです。
ですので、年齢も頭の良し悪しも関係ありません。

そして、この体作り、発声、発音がうまくできるようになって、
発音、リスニングが向上してきたら、
英文フレーズを実践ベースで覚えていけばよいのです。
私は、日本人が英会話ゼロからイチに持っていくには何が必要かを徹底的に
分析し、計算をし、それをもとに1年間かけてFinal Englishを開発しました。

アメリカ人ネイティブ、バイリンガル英会話講師達と一緒に開発した
実践で絶対に必要な必須スキルを磨くプログラムです。

ここには、英会話習得の順番、体作り、呼吸法、発声法、リズム感、
単語や英文フレーズの発音などが一気に鍛えられるものになっています。

このプログラムの順番通りに練習していけば、
あなたはエスカレーター式に英会話力が向上していきます。

これは魔法ではありません。
しかるべき計算から導き出されたゴールデンルールに則った方法だからです。

多くの英会話教材はCD教材のみです。
購入すると音声CDが何十枚と送られてきます。

でもこういったものは、情景のイメージができないし、
ネイティブの口の動きが観察できません。
購入者は想像でしか練習できず、
結果間違った方法で覚えがちです。

この教材は音声CDではなく
映像で細かく解説するDVDにこだわりました。
内容とイメージを直感的に結び付けるために、
親しみやすいイラストや3DCGを駆使し
直感的にわかりやすく、
間違えようが無い内容になってします。

英語発音の見本を日本人がしても意味がありません。
一番良いのは、日本人が発音を細かく解説をして、それを発音の良いアメリカ人ネイティブが
正しい発音でデモンストレーションをしていくことです。
訛りの無いきれいな発音のネイティブ講師を厳選しました。
マーク・ステイン/アメリカ出身
alifornia State University of Fullerton卒業
TESOL修了
ハリウッドではミュージカル俳優、音楽プロデューサーとして活躍。
来日してからは大手英会話スクールや小中学校で教鞭をとる。
発音指導と徹底さには定評がある。
キャリ・ダンカン/アメリカ出身
日本とアメリカのハーフ。バイリンガル。
大手学習塾や大手英会話学校にて英会話教師として6年以上に渡り活躍中。
日本、ヨーロッパを中心に活躍中の国際派女性バンド
「Harp&Soul」ヴォーカル
でもある。 リズム感指導と発音矯正には非常に定評がある。
ライアン・ガルペリン/アメリカ出身
コロラド大学卒業。数々の英会話講師トレーニングを受け、多数の英会話教育メソッドを習得。
2005年から大手英会話スクール講師をつとめる。
その他、幼稚園、公立学校、インターナショナルスクールでも教鞭をとる。
エネルギッシュで愛嬌のあるレッスンは非常に定評がある。
英会話は闇雲に頑張れば良いものではありません。
労力を着実に「英語を話す」というゴールに向けていく方法でないといけません。
そのために「本当に大切な事」をゼロから順番に積み上げていくようなカリキュラムになっています。
この順番通りにやっていけば、着実に英会話力は伸びていきます。
日本人が英語を話す上で苦手とするのが「リズム感」です。
そこで、発音やリスニングと共に英語のリズムも同時に身に付ける練習をします。 
英語特有のリズムに沿った曲で練習することで英語のリズム感にも自然と慣れていきます。
視覚的なイメージによる学習は、文字だけの学習の何十倍、何百倍ともなります。
そこで、発音のイメージや舌の形や位置、その他大事な内容をイラストでわかりやすいように、多数の雑誌で活躍している人気イラストレーターに図解をお願いしました。
直感的にイメージが持ちやすくなります。
良い教材があっても我流でやった場合、変なクセがついたり、
間違った方法で理解してしまうものです。

そこで、このプログラムには厳選講師を用意いたしました。
Skypeを使って講師があなたの発音をその場で矯正、
練習法をレクチャーしていきます。

これで間違った理解や練習を避けることができます。
Kari先生 Sayaka先生
Heidi先生 Mark先生
Sharada先生 Tak先生
◆1日目、2日目
・Disc1の英会話練習法のノウハウの音声CDを7回以上聞く。
・モチベーションアップのワークを時間をかけて行う。
・英会話練習の筋道を理解する。
・自分の方向性、優先順位をはっきりと決める。
・コミットする。

◆3日目~6日目
Disc2の英会話の為の体作りのDVDを見ながら英語を話す為の基礎トレーニングをする。
英語体を作るためのルーティンワークをDVDで見なくてもできるように、練習メニューを体に覚えこませる。

◆7日目~13日目
最初に英語を話す体作りのルーティンワークを行ってから、Disc3の母音練習、単語、英文フレーズの発音練習をしていく。必ず声を出して練習する。手鏡を見て口を確認をしていく。
練習したものを実際に携帯などで録音し、実際のネイティブとどこが違うかを研究して練習していく。ネイティブとスカイプレッスンで発音をその場で矯正してもらう。
◆14日目~20日目
最初にルーティンワークを行ってから、Disc4の子音練習、単語、英文フレーズの発音練習をしていく。 
必ず声を出して練習する。手鏡を見て口を確認をしていく。

練習したものを実際に携帯などで録音し、実際のネイティブとどこが違うかを研究して練習していく。
ネイティブとスカイプレッスンで発音をその場で矯正してもらう。
◆21日目~24日目
Disc3、4にある英文フレーズを暗唱する。その時にネイティブ発音でできるように暗唱する。
さらに進めたい方はネイティブ講師によるスカイプレッスンを受けて、発音矯正をしていく。
◆25日目~28日目
特典の英文フレーズDVDを見て実際に声を出して練習をする。
テキストを見なくても発音とリズムに気を付けながらすべて暗唱できるようにする。

◆29日目~30日目
Disc1 を再度一流し聞く。
Disc2の英語の体作りの内容を再度一通再確認をする。
Disc3、Disc4を一通り流して見て情報の再確認をする。
◆30日目以降
30日以降も3か月以上はDisc2のルーティンワークを続けていく。
辞書で単語を調べる時は、「国際発音記号」「発音」「シラブル」を確認したうえで意味を理解するように習慣づけていく。
なぜ日本人は英語が苦手で、どうやったら英語が使えるようになるのかが理解できます。
何から始めて、どこをゴールにしたら良いのか。
何に気を付けるのかを明確にしましょう。
実際にプロに発声法を教えている講師がデモンストレーションしています。
正しい発声法、腹式呼吸が身につけられます。

また、英語発音はネイティブ、バイリンガル講師が
正しい英語発音をデモンストレーションしています。
しかもできるかぎりゆっくり、正確にデモンストレーションしているので
しっかり真似ることで上達していきます。
英語を話すにはリズム感が必要です。ご存知のように日本語と英語はリズムが違います。
日本語は表打ちのリズム、英語は裏打ちのリズムです。 
多くの人はこのリズムが苦手です。

そこで、このプログラムでは英語用のリズム感を養うための音楽を独自開発しました。
この音楽に乗って発音練習をしていくことで、
自然と発音も単語や英文フレーズも頭に入っていきます。
このプログラムは、ただCDとDVDが送られてくるだけではありません。
あなたに対して、メールでフォローしていきます。
英会話習得に何が必要か、どこで躓きやすいのか、どうやったら良いのか、
モチベーションをキープしていくには?
そういったものを随時お送りしてアフターフォローをしていきます。
日本語と英語ができるバイリンガル、またはネイティブ講師が
あなたの発音の練習成果をスカイプで発音矯正してもらうことができます。
ネイティブ発音を実際に聞いてその場で矯正してもらうことによって、
あなたの英語力は一気に上がっていきます。
ネットが繋がれば世界中でレッスンができます。
では、ここでFinal English の中身をこっそり公開いたします。

英会話練習を始める前に英会話練習の為の効果的な練習方法、
心構え、モチベーションアップのノウハウを学ぶ。


英会話をはじめようと思って始めたは良いけど、何から手を付けて良いかわらない。
闇雲に手を付けてきたけれども効果を感じられない。
それは英会話の練習法を学ばずにいきなり始めてしまったからです。

ここでは、脳神経学、音声学、セルフコーチングの観点から構築した
最速で英会話を身に付けるノウハウを身に付けていただきます。
これを何度も聞くことにより、英会話の習得に何が必要で、具体的にどこから初めて、
どこを通っていけばよいのかがはっきりとわかるようになっていきます。

英語を苦手とするに日本人は少なくありません。
英語が話せるようになったら良いことはわかっている。
でも、どうも難しく感じたり苦手意識を感じてしまうものです。
学校教育で長年英語の授業に触れてきたにも拘わらず、なぜここまで英会話が苦手な人が多いのか、
日本独特の環境による理由についてお話しします。


日本では、中学、高校、大学で英語の授業があります。最近では小学校から導入されています。
でも、学校教育で何年も英語の授業に触れてきたにも拘わらず、しゃべれる人が圧倒的に少ない。
なぜでしょう?
これを知ることで、学校英語の勉強法の延長線上には英会話上達の道が無いことを悟るでしょう。


英会話練習を続けたら良いことはわかっている。 
でも、なかなかモチベーションがキープできない。
あなたの英会話上達のカギはどれだけモチベーションをキープし続けられるかによります。
ここでは、設定しておけば自動的にモチベーションが高まってしまう方法をお伝えします。 


あなたが英会話練習のモチベーションをキープするには、「環境の力」を使うことが大切です。
お金をかけずに全自動でモチベーションが上がってしまう環境づくりの方法をお伝えします。
あなたがこれを実行するだけで、あなたの英会話上達への階段が見えてきます。


リスニングを強化しよう! 
と思ってひたすら英語CDを聞いて英語のシャワーを浴びる人は多いですね。 
でも実際、英語のシャワーで本当にリスニング力がついて耳が慣れていくのは、アメリカで英語漬けで
3か月くらいしないと耳が慣れていきません。
では、日本語があふれるこの日本で英語のシャワーを浴びるとしたらどれくらいかかるでしょうか? 
実はそんなことをしなくても●●の練習をするだけで、あなたのリスニング力は劇的に向上します。 
それは耳と口が繋がっていることがヒントです。


日本語と英語は声の出し方が違うということは、あなたも薄々気づいていると思います。
具体的にどこがちがうのか?音声学的に見た具体的な違いを明らかにします。
この違いを知ることで、あなたは何をすべきかが見えてきます。


あなたが最速で英会話力をつけたいのであれば、やるべきことをピンポイントで集中して
遠回りになる事柄をすべて排除することです。
あなたがやるべきことは簡単です。 英語が話せる状態から今の自分に向かって逆算していって、
その中のやるべきことを順番にやっていけば良いだけです。 
この計画的な練習をすることがあなたの英会話習得のターニングポイントになるでしょう。


あなたがネイティブと英語でコミュニケーションをとるためには、相手の言葉のスピードに
ついていかなければなりません。 
相手の言葉を聞いて、いちいち答えを出すのに1分も2分もかかってしまうようでは、
コミュニケーションは成立しません。
練習段階から実践を想定して練習することが必要です。
この英語脳を高める為の具体的なノウハウをお伝えします。


従来のように、一生懸命単語帳とにらめっこしたり、ひたすら書いて覚えるという方法では
テスト勉強では使えても、実践では役立ちません。 
実は、脳の得意分野である●●認識という機能を使うことで、単語力を身に付けるスピードが
向上していきます。その具体的なノウハウを初公開します。


あなたが英語をペラペラになるには、どういう道をいけば良いと思いますか?
闇雲に参考書やTOEICの勉強をしているだけではしゃべれるようになりません。
脳が言語を扱うメカニズムを知ることで、あなたがやるべきことが明確になっていきます。
今までの常識となっている英語の勉強の概念はとっぱらってください。

日本語の口と耳に慣れてきたあなたが、いきなり英語の発音や発声を
しようと思っても、なかなかうまくいきません。
それは英語を話すために必要な筋肉、基礎練習がされていないからです。
ここでは、発音やヒアリング、スピーキングの練習以前に行うべき、
英語を話すための肉体改造をしていきます。
実はとても簡単なエクササイズを毎日やるだけで、あなたの体は
英語を話す体に変わっていくのです。

日本人がネイティブのマネをしても発音がどこか日本語的になってしまうのは、●を緩めていないからです。
実は、この●を緩めるだけであなたの発音は一気によくなります。


ネイティブの発音を真似する時、意外と気づいていないのが●●の深さです。
ここに気づかずにどんなに練習しても、結局は日本語的な英語になってしまいます。
一気に英語らしい発音に上達していきける秘密を公開します。


英語発音をする時、腹式発声は必須です。
それは響く通る声を身に付けることです。歌のボイストレーニングではなく、言葉をしゃべるための
ボイストレーニングのプロが正しい腹式呼吸をデモンストレーション付きでお伝えします。


正しくボイストレーニングをしようと思ったらまず、●●●させる必要があります。
この儀式をするかどうかで練習の精度が変わっていきます。
あなたが練習に入る前に、必ずこの上達儀式を行ってください。
その積み重ねが大きな実力に結びついてきます。


英語を話す際、とてもたくさんの顔の筋肉や口の周りの筋肉を使います。
それは、英語はたくさんの音を正確に出さないといけないからです。
でも、その為の顔の筋肉が弱かったり、硬かったりすると、思うように動きません。
ここでは顔の筋肉を滑らかに動く簡単なエクササイズを紹介します。
実は、このエクササイズの副産物として、あなたの顔の表情が明るくなり、表情が豊かになっていきます。


英語を話すためには、腹式発声が必要で、その為には腹筋が必要です。
この腹筋を鍛えようと、よくある膝立腹筋をする人がいますが、それは発声にとって逆効果です。今すぐやめてください。  
発声に必要な部分だけをピンポイントで鍛える簡単なエクササイズを公開します。


英語らしい発声をする為には、深く響く声を出すことがポイントになります。
その為には、体のどのポイントを意識したら良いのか、そのチェックポイントをお伝えします。


腹式発声をどこかでかじったことがある人は、腹式発声で声を出す時はおなかをペコペコ動かすと
思っているかもしれません。でもそれは間違いです。
お腹を動かすのではなく、お腹の●●を張り出さなければなりません。
人間の体の機能に沿った正しい腹式発声の方法をデモンストレーションを通してお伝えします。


伝わる英会話をできるようにするためには、呼吸のコントロールが必要になります。
これは普段日本語を話している日本人には鍛えられていない部分です。
深い息と大量の空気を使う英語発声ができるようになるために呼吸訓練を行いましょう。
10秒~15秒でできる簡単で効果的なエクササイズを紹介します。


ネイティブは英語を話す時によく口を動かします。
それは英語にある51の音素を正確に発音するためです。
日本語にはそのようなものは無いので、口の周りの筋肉が鍛えられていません。
だから英語発音を練習すると口や舌のまわりが痛くなったりするのです。
鍛えるべきものは発音練習に入る前に鍛えておきましょう。


【feet】【seat】 などのような「イー」と伸ばす音を出しやすくするための
口輪筋トレーニング法を紹介します。これをすると口が良く動くようになるばかりか、笑顔を作った時にきれいな三日月の形になり、
魅力的な笑顔になるという副産物つきです。


【mood】【food】などのように「ウー」と口をすぼめる音がありますが、
日本語のウとは口の形が少し違います。
また口輪筋の強さも必要になります。 その為のトレーニング法をお伝えします。
これを行うことで、あなたの口元はきれいにひきしまり、アンチエイジングにもなる副産物がつきます。


日本人が苦手な英語発音の代表例としてあるのが「r」や「er」の発音です。
そして、この時の口の形が難しいですね。
従来言われているように「口の中で舌を巻く」だけではなかなな良い音がでません。
実は、最も簡単で日本人のなじみの深い音の口がこの「r」や「er」の発音の口に近いのです。
この口の形ができると、「r」や「er」の発音は半分以上できたようなものです。


英語には日本語にはないリズムが存在します。
多くの人はこのリズムにつまずきます。一本調子になってしまうのです。
実は、英語のリズムにはある特徴があります。
この特徴を抑えて意識していくだけで英語のリズムは出るようになります。
これを体感ベースで身に付ける方法をお伝えします。


この体作りのノウハウは一日や二日やっただけでは効果は出ません。
毎日続けて、体が無意識レベルで反応できるようになるまで続けないといけません。
一つ一つのエクササイズは簡単なものですが、それを毎日続けるのは大変です。
そこで、ルーティンワークとしてやるべきエクササイズだけをまとめました。
これを毎日再生するだけで、英会話練習の前の基礎練習ができるようになります。

これからいよいよ具体的な英語発音の練習に入ります。
最初は母音の練習ですが、こちらは日本語にない音がたくさんあります。
こちらをアメリカ人ネイティブがゆっくりとデモンストレーションをしながら
口の形、動かし方を細かく説明していきます。
その通りに練習をすると、あなたの発音はみるみるよくなっていくことでしょう。

★練習の流れ
音声学音見地から作成された英語発音の仕方をプロのナレーションとイラストを使って、
丁寧に解説していきます。
まず、ここで英語発音の要点をつかみ、練習をしてください。

ネイティブがゆっくりとその音を使った単語や英文、早口言葉等を読みます。
その後に見本にしたがって声を出して練習をしましょう。
手鏡をもって、自分の口の形とネイティブの口の形を比べながら練習することをおすすめします。

リズムトレーニング。
英語特有のリズム構成で作成されたオリジナル音楽に乗せて
単語や英文フレーズの発音練習をしてきます。
これにより発音とリズム感を同時に鍛え、さらに何度もストレスなく練習することができます。
また、リズムにのるので、苦痛を感じずにどんどん英文フレーズが入っていきます。

母音の音の練習が済んだら、次は子音の練習です。
子音だけの音は日本人にとって非常に難しく感じる部分です。
でも、この練習が進んでいくと、発音が良くなるばかりか、
ヒアリング力も上がっていきます。
それは今まで聞き取れなかった音が、発音できるようになったことによって
聞き取れるようになってくるからです。
日本語訛りのように音の最後に母音を付けてしまわないように注意して
練習していきましょう。
英会話教材で挫折してしまう原因の一つとして、

「いちいちCDやDVDをセットしなければならない」
「DVDが見られない環境などでは練習ができない。」
「そしてそれらが面倒になって途中でやめてしまう」


こういった悪循環があります。

そこで、このレッスンを受ける人は何としてでも
上達していただきたいので、そのリスクを取り去ることにしました。

それは、会員限定のオンライン練習サイトを立ち上げ、
プログラムの全内容がオンラインで全て見られるようになりました。

ですので、あなたが世界のどこにいようが「ネット」が繋がるところであれば
いつでもどこでも練習することができます。
もちろんスマートフォンからもアクセス可能です。

これで、英会話練習をより身近に持ってくることで
あなたの英会話力はグングン上達していくことでしょう。
このプログラムは、脳神経学、音声学などの見地から作られた、
日本人の為の英会話マスタープログラムです。
30日間英会話速習プログラム「Final English」の英会話習得法は
無駄な時間をかけずに、効率よく英語を身につける事に成功した日本唯一プログラムです。

是非このプログラムであなたにも
英会話を楽しく簡単に話せるようになってもらいたいと思っています。

この30日間英会話速習プログラム「Final English」なら
リスニング強化、発音強化はもちろん
楽しく、効率的に英会話を習得できます。

そこで、是非あなたにもこの「Final English」をお渡ししたいのですが
正直いくらでお渡ししたら良いのか非常に悩みました。

開発に1年を費やし、たくさんの手間暇をかけて開発した映像プログラムです。
海外の語学学校でも採用されているプログラムですので
通常、海外でこれと同等の勉強をしようと思ったら
最低でも20万円以上の費用が必要となります。

これと同等の価格であなたにも「Final English」をお渡ししようと思いましたが
やはり1人でも多くの日本人に英語を話せるすばらしさを知って欲しいという気持ちで
今回限り特別に39,600円でご提供する事にいたしました。

ですが、この手紙をここまで読んでいただいたあなたへ
絶対に成功してもらいたいという想いを込めて、
今回に限りスペシャルオファーを提供させていただきます。

私のミッションは「日本人の英会話力を底上げする」です。
日本人の「英会話初心者」をどんどん無くしていきたいのです。
そして世界に誇れる日本人をたくさん出していきたいと思っています。

そこで、「Final English」公開記念としまして、
本日から3日間に限り特別価格としまして、
19,800円でお譲りさせていただきます。

さらに今回のみ特別記念プレゼントも用意しました。

ただしこの特別価格と特典は、本日より3日間限定とさせていただきますのでお早めにご参加下さい。


海外発送は送料が3,000円別途かかります。EMSを利用します。
※別途国によって関税がかかる場合があります。


プログラムに関するご質問等が ありましたら、一人で悩まずにお気軽にご相談ください。
24時間以内に返信いたします。

バイリンガル、ネイティブによる30分3,000円のスカイプ指導が初回無料でご利用いただけます。
是非利用してください。

我流で変な癖が付かないように正しく導きます。
これであなたの英語発音を完璧に近づけていってください。
日米で活躍するプロ音楽プロデューサーのMark Steinが
日本人の英会話教育の為に開発した歌で覚える英単語教材!
ハリウッド出身のミュージカル俳優でもあるMark Steinが
初心者でもわかりやすく体の動きと単語をミックスさせた
新しくも楽しい英単語練習プログラムをプレゼントします。

以下の4つの特徴をご覧ください。


英語のリズムは、裏打ち8ビート。
このリズムに慣れていくことが日本人が英語の発音を上達させる肝になります。
歌を使って練習することにより、楽しみながら自然と英語のリズム感や英文フレーズの抑揚の感覚が
ついていきます。


英会話で一番重要なのが発音です。
でも、日本人にとって英語発音はなかなか難しい。
発音の本を読んでもよくわからない。そんな方は歌を使って覚えるのが一番です。
歌を使うことにより、発声、発音、体の使い方、
リズム感が自然と養われていきます。

しかも、ロサンゼルス出身の訛りのないきれいな英語発音なので、
変な癖がつきにくいのも特徴です。

英語は頭を使って、暗記するというものではありません。
暗記しただけのものはすぐに忘れてしまいます。
エドガー・デール博士の学習の法則である「経験の円錐」という考え方にもあるように
実際に体を動かして体験した方が長期間記憶が残ります。

そこで、この教材は実際に一緒に体を動かして、口を動かして練習していくので
基本的な単語が脳に定着しやすく、さらに、言葉とイメージが結びつきやすくなります。


この教材にはカラオケバージョンがあります。
まずは歌ありのバージョンでよく練習をしてください。
その時の発音もよく耳に残しておいて、カラオケバージョンで練習をするのです。
できれば、一緒に体を動かして練習すると尚効果的です。
お子さんや家族と一緒に練習しても良いでしょう。

※リズムで覚える英単語はオンライン教材となります。
ネイティブが良く使う英文フレーズを音楽に合わせて
練習をしていきます。
ジェスチャーと英文フレーズの組み合わせで
スピード習得していきます。
これで練習をすると気がついたら自然と英語が口を
ついて出てくるようになります。
【DVD収録時間・43分】
「単語が覚えられない」
「どうやったら単語を効率的に覚えられるかわからない」
そういったことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

ここでは特典として、脳の特徴をいかした効率的な
単語の覚え方をお伝えします。
これの通りに実践することにより、
あなたの単語力はどんどん向上していくことでしょう。 
オンラインコンテンツとしてお渡しします。
東京で行われている「英語劇で英会話レッスンを行う」
モダンイングリッシュ・アカデミーのレッスンを
1回無料で受講をすることができます。
ハリウッド俳優出身のネイティブ講師が直接あなたの
発音、発声、表現力をネイティブ並みにもっていきます。
この教材は一方通行ではありません。
わからない部分はメール相談していただけます。
または、スカイプレッスンで直接講師に質問することもできます。
メール相談、スカイプレッスンを上手に活用して最速で
上達していきましょう。
参加者限定配信のプレミアムメルマガをお送りします。
最新メソッドや英会話上達の効率アップ情報、
脳神経学による脳の活性法など
随時プレミアムメルマガにてお送りしていきます。
英会話の練習をしていると、最初は頑張るものの、
徐々にモチベーションが下がってきてしまうことがあります。
そんなときこそこの動画集をご覧ください。
いっそう英会話練習のモチベーションが上がってくることでしょう。
忙しくて毎回DVDが見られない方の為に、
教材の映像をすべてオンライン化した会員限定オンライン
サイトを開設しました。 
これにより、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも
教材の内容を見ることができ、練習ができます。
インターネット環境があれば世界中どこでレッスンが可能です。

【返金規約 90日間実践して効果がなかった場合ご返金】

 ■無料特典であるスカイプレッスン1回、メール相談3回を最低受講して下さい。
 ■ご購入日より100日以内に返金申請して下さい。
 ■申請は下記まで返金希望と明記のうえ
  お名前・メールアドレス・注文ID・ご入金日を記載しお送り下さい。
  mail@finalenglish.jp

 上記の条件を満たしたうえで90日たっても効果がないと感じた場合は
 “必ず全額返金”することを、お約束いたします。

 教材の返送代金は購入者様負担とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

 なお、ご入力内容に不備がないかの確認作業に一定期間かかりますので、
 ご指定口座へのお振込みは返金申請送信時を基点とし
 月末締めの翌月10日にご返金手続きとなります。

 あらかじめご了承ください。
 (毎月末までの申請受理分を翌月10日にお手続きいたします)


海外発送は送料が3,000円別途かかります。EMSを利用します。
※別途国によって関税がかかる場合があります。

First English Global College
CEO&FOUNDER
株式会社G-net代表取締役 本多 正治 様

私は、フィリピン・セブでFirst English Global College
という英語学校を経営しております。
毎日多くの生徒とティーチャーに囲まれています。

また、日本では英語留学のエージェント「ファーストイングリッシュ」と学習塾を9教室運営しております。

私自身が英語をマスターするのに努力してまいりました。
このメソッドを最初から最後まで、その通りに素直に従ってやっていけば
必ず英語は話せるようになると思います。

難しい単語や言い回しは実は、日常生活には必要ないんですね。

それよりもまず、発音が大切です。
相手に伝わる発音をいかに勉強していくか。

それを日本人はしてこなかったんですね。
しかし、このメソッドを使用するようになって私自身の発音もずいぶんよくなっていきました。

勧める通り、一日たった1時間でいいです。
毎日、毎日、指示通りにやっていくだけで英語力は飛躍的にあがります。

英語の勉強について、考え方、姿勢、簡単な言い回し、その応用。
内容がとても充実しており、実践的な英会話を教えている立場としても自信をもっておすすめいたします。

当学校でも正式教材として採用させていただいております。

Q. なぜ英会話の最初に発声法の練習が必要なのですか?
A 日本語と英語では発声法が違います。
いくら発音の為の口の形や舌の形を練習したところで、肝心の発声ができていないと
通じない発音になります。さらに、上手に発音ができるようにならないと、
リスニングの上達にも大きく影響してくるからです。

Q. 英語初心者ですが、このFinal English は効果がありますか?
A もちろん初心者の方でも効果があります
英会話が喋れない人がゼロからどうやって積み上げていくかを具体的な
順番に沿って練習できるようになっていますので、順番通りに練習すれば
非常に効果が期待できます。

Q.ヒアリングの強化をしたいのですが、効果はありますか?
A もちろん.非常にあります。
本文でもお伝えしていますが、従来の「ひたすら聞き流す」方法よりも
英語発声、英語発音ができるようになることが短期間で効率的にヒアリング力が
向上していく秘訣なのです。

Q.現在、もう60歳を過ぎているのですが、 こんな私でも大丈夫でしょうか?
A もちろん大丈夫です。
勉強ではなく、毎日練習することで身につけられるものです。
難しいことを暗記したり、テストするようなものではないのでご安心ください。
頭よりも体を使って覚えていくというやり方です。

Q.いろいろな英会話教材に手を出しては挫折しているのですが、こんな自分でも
 大丈夫でしょうか?
A 多くの英会話教材は英会話習得の為の順番がバラバラです。
聞き流し、単語帳、文法参考書、英文フレーズ集、いろいろありますが
順番を間違えていると効果がありません。だから挫折してしまうのです。

ここではゴールから逆算して必要な事だけを一つ一つ積み上げていくものですので
挫折はしにくくなっています。

Q. 英会話をやりたい気持ちはあるのですが、忙しいのでできるか不安です。
A 忙しい日本の社会の中で毎日時間を作って練習するのは確かに大変です。
そこで、この教材のDVDのすべての音声、映像を会員専用HPに掲載しました。
あなたは、このHPにパソコンやスマートフォンでアクセスするだけで、
通勤通学中、昼休み、ちょっとした空き時間にプログラムを見ることができるのです。
インターネットが繋がる環境さえあれば日本どこにいても、どんな環境でもオンライン学習が
できるようにしてありますのでご安心ください。

Q. 海外発送は可能でしょうか?
A もちろん大丈夫です。EMSからの発送になります。

今では街中で外国音人にお会いする機会が多くあります。
ある時、絶対に道に迷って困っていると思う外国の方を見かけても見て見ぬふりで
声もかけることもできませんでした。
悔しかったですね。
英語で会話ができれば、すこしでも人助けができるのに、と思っていました。

さらに、英語で会話ができれば、外国旅行でホテルの手配も安くできるでしょうし。
活躍の場が広がり、現地の方との会話も弾めば
日本人としての自分と外国の人との価値観の違いや日本の印象等も聞くことができ、
私の心を広げることができるのに、と残念でなりませんでした。

ですから、いつかは英語で会話できるようにとの考えは
30年以上前から今まで持ち続けてはいます。
それで、今までに数種類の英会話教材を買いこみ、挑戦はしてきました。

しかし、いまだに会話のかの字も上達はしていません。
なぜ、こうなったのか考えてみれば、持続性がないこと、なぜか続かない。

これは、持続していけるほどの教材が無かったからだと、教材のせい?
もあると思っています。
そこで出会ったのがこの方法でした。
最後の英会話への挑戦、これでだめならきっぱりと英会話を諦める覚悟で始めました。
始めてから三週間ほどですが、この教材は不思議に続いています。
楽しいです。

今度こそ、ネイティブにも伝わる英語で会話ができそうな気がしています。
このメソッドは1回にやるべきことが短い単元にわかれており、
解説も丁寧でわかりやすいです。
英会話の上達は毎日の繰り返しの訓練とわかっていても
初心者にとっては何から始めればよいかわかりませんので、これは助かります。

まずは単語、会話練習の前に口の周りの筋肉トレーニング、呼吸法。
この訓練は普段の日本語での会話にも役立っています。
しゃべることが苦痛でなくなっています。

思わず出会う見知らぬ人にも挨拶しています。
そして毎日行うことを繰り返すことで物覚えの悪い私でも、単語、フレーズが記憶できています。
自分ながら今後が楽しみです。

今までいろいろな教材を試しても長続きしなかった私のように
何度も挫折を経験した人はもちろんですが、私のような還暦を迎え
記憶力に自信がなくても、楽しく英会話を覚えられますのでとてもおすすめです。

英会話に自信のある人でも、発音でのさらなる向上をめざすなら
このメソッドはおすすめではないでしょうか。

私はこのプログラムを終えた頃には、気軽に外国の方に声をかけられ、
外国旅行もツアー参加ではなく、個人で計画した旅行に出かけられるようになると思うので、
他の60歳以上の方を集めて、このプロがラムを実践するよう勧めたいと思います。

私は現在、土曜日に開催される「英語学習サークル」に属しています。
このサークルでは、2~3か月毎に第一土曜日に
Native Speaker of English を招いて講演をしてもらっています。
その方々から「いつも発音がきれいですね」と言われます。

このメソッドでは、もういい加減で終えてほしいと感じるくらい
何回も同系の発音の練習があります。
これだけ実施すれば発音がよくなります。

サークル活動をしていて感じることはほとんどの人は発音がいい加減であるということです。

ですから、ほとんどの人はこの方法を試した方が良いのではないでしょうか?

このメソッドを学んで、改めて自分が今まで実施してきたことは正しかったとわかりました。
もし試してなかったら、自分は今どのような状態なのか?と心配していることでしょう。

発音を練習するとリスニングが良くなるというのは半信半疑でしたが、
やってみると本当でした。 この方法はすばらしいと思います。
並木さんの英語クラスにも通っていますが、説明の一つ一つがとてもわかりやすいです。
将来はハリウッドに行くので、その夢に着実に進めています。

英語学習に対するモチベーションをいつも頂いてます!
購入した学習教材をきっちり身につけて次のステップに向かうには何が必要かを教えてもらってます。

私は今までいろいろな英会話教材を買って試してみましたが、
この教材ほど丁寧で、実践的なものは見たことがありません。
私が今まで買ったものは全て音声CDによるものでした。
購入する時は何枚もCDがあるということでやる気になったのですが、
いざやろうとすると1枚目、2枚目で挫折。

結局発音が上手にマネができないから嫌になってしまうのです。
その点、この教材は英文フレーズ以前の問題である発声や体作り、発音に
徹底的に映像で解説しているので非常に実践的です。
特に、ネイティブの口の動きを徹底的に解説しているので、非常にマネがしやすかったです。
おかげさまで、リスニングも本当に良くなりました。

英会話のCD教材の時代は終わったと感じました。
英会話練習は映像が一番ですね。
これからますます頑張っていきます。
ありがとうございます。

とても実践的で、即戦力として使える内容でした。
有難うございます。

今まで気付かなかった部分などもはっきりとおしえていただけていて
内容が充実していていいです。購入してよかったです。

Final English フィリピン政府の認可英語学校での正式教材へのご採用、
おめでとうございます。
教材の内容のすばらしさを考えたら自然なことのように思えますがその機会が巡ってくるのは
並木さんの大きさによるところも大きいかと思います。

単なる教材の説明だけでなく、陥りがちな事も丁寧に書いてあり、共感がもてます。
長いけれど真剣に向き合って作っていることが伝わります。
教材自体も、リズムや呼吸の話、スカイプレッスンや特典の教材等、
他社にはない魅力的が沢山ありますし、こういった企画も楽しみです。

すごすぎです。本当プレミアムで英会話のことだけでなく、いろいろな視点というか方向から
書かれてあって私の人生がなんかめっちゃいい方向に変わっていってる感じがします。
本当にいつも感謝しています。ありがとうございます。

素晴らしいと思います。自分がかねがね思っていたことも書かれていて、
しかも、とても丁寧にその過程が示されていて誠実さと真摯さが伝わってきます。
並木様の考えやり方が参考になります。
今後ともよろしくお願いします。出会いに感謝しています。

丁寧に説明してあり、とても興味深く拝見いたしました。
今年、決心をして、これまでになく英会話の勉強を集中的に始めました。

スカイプレッスンがついているとのことで購入しました。
私は初心者なのでバイリンガルの講師の方をお願いしましたが、
その方はとても熱心にわかりやすく発音指導をしてくれました。
おかげで自分の発音の弱点がわかり、一歩さらに進めそうです。
非常に良心的なサービスもあり、満足しています。


海外発送は送料が3,000円別途かかります。EMSを利用します。
※別途国によって関税がかかる場合があります。

ここまで読んでいただいたあなたは、英会話の必要性、
スキルアップの必要性を感じていると思います。

あなたは英語を通して何をしたいですか?

・東京オリンピックまでに英語が話せるようになってボランティアしたい
・海外映画やドラマを字幕なしで理解できるようになりたい
・世界中にたくさん友達を作りたい
・海外を一人旅で回りたい
・外国人の友達を増やしたい
・外国人の恋人を作りたい
・海外でビジネスを成功させたい


いろいろあると思います。
その実現のツールがここにあります。

この英会話習得を通して、
あなたの視野は一気に広がります。

それこそ、今の2倍、3倍のチャンスとワクワク、可能性が広がっていきます。
是非これをあなたにも掴んでもらいたい。

私は、いままでいろいろ経験し、挫折し、研究してこのメソッドに行きつきました。

ゴールからの逆算。
必要な事だけを順番に行う。
あとはこの通りにやるだけで良いまでにしました。

今すぐこのメソッドをはじめてください。
時間を3ヵ月も4ヵ月もとる必要はありません。
30日間、しっかりやってみてください。

そのためのサポート、特典もしっかりと用意しています。

私は、あなたのリスニングが一気に向上し、
英語発音、英語発声、リズム感が良くなることをお約束します。

現にこの方法で何人もの受講生の方たちから
「リスニングがよくなりました」
とたくさんの喜びの声をいただいています。


やり方はすでにあります。
実証済みです。

あとは、あなたが実際にこれで練習し
短期間で英会話を上達させてください。

そして、英語を練習することよりも
英語を利用することに時間を使ってください。

英語を使って視野を広げたり、世界中に友達を作ったり
たくさんのワクワクを感じてください。

日本人の英会話能力を底上げする。
それが私のミッションです。

あなたをサポートする準備はできています。
さぁ、あなたの英語の夢の実現に一歩踏み出しましょう!


海外発送は送料が3,000円別途かかります。EMSを利用します。
※別途国によって関税がかかる場合があります。

特定商取引法に基づく表記